rukbatの世界分散投資

30代後半のサラリーマンが国際分散投資で早期退職を目論むブログです。

仮想通貨への投資をはじめました

前回、ビットコインをこき下ろしておいてなんですが、仮想通貨への投資をはじめました。
rukbat.hateblo.jp
投資対象は、XRPとZECです。XRPは安価で迅速な国際送金の手段として、ZECは匿名性を重要視して開発されています。

f:id:rukbat:20180101154523j:plain

XRPビットコインの限界を超えるはず

前回の記事で、ビットコインは利用者が増えると決済が遅く/高くなるという問題に触れましたが、XRPはこの点を考慮して、送金が速く/安く行えるように考えられています。このため、XRPは単なる投機の対象ではなく、広く実用的に使われる可能性があります。そうなれば、今のような物好きが買っている状況とは比べ物にならないくらいの需要が生まれるはずです。そういう将来性を考えて、私はXRPを買うことにしました。

匿名性を重んじるZEC

もう一つ、ZECという仮想通貨を買いました。こちらの特徴は、ビットコインよりさらに匿名性が高いことです。ビットコインでは、ビットコインアドレスという各人に固有の文字列が割当てられ、どのアドレスからどのアドレスにビットコインが送られたという情報がすべて公開されています。つまり、ビットコインアドレスと個人を結び付けられれば、誰が誰にいくら送ったかがすべて分かります。
一方、ZECではどのアドレスからどのアドレスに送ったかが分からないようになっているため、当然、誰から誰に送ったのかも分かりません。このように、ZECはビットコインはよりも匿名性が高い仮想通貨になります。今後、匿名性を重んじるような場面で、ZECが使われていくことを期待して、ZECを買いました。

XRPとZECに期待

以上のような理由で、XRPとZECをそれぞれ9万円分と1万円分買いました。今後、どのような値動きをするのか楽しみです。

今回は、コインチェックという取引所を使いました。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

広告を非表示にする