rukbatの世界分散投資

30代後半のサラリーマンが国際分散投資で早期退職を目論むブログです。

楽天バンガードファンドの実質コストが高い理由(答え合わせ)

以前、楽天バンガードファンドの実質コストが高いことについて、こんな記事を書きました。
rukbat.hateblo.jp
要は、古いファンドは売買手数料を既存の投資家と頭割りにするから1口当たりの売買手数料が安くなるけれど、新規ファンドは既存の投資家がいないので1口当たりの売買手数料が高くなるという内容です。
この件について、10月31日に楽天投信投資顧問から、こんなレポートが出ていました。
https://www.rakuten-toushin.co.jp/news/pdf/20181031.pdf
また、気づいていませんでしたが、10月5日にこんなレポートが出ていました。
https://www.rakuten-toushin.co.jp/news/pdf/20181005.pdf
10月5日のレポートは、まさに私が前掲の記事で指摘した内容で、10月31日のレポートはそれを裏付けるために、前回の決算から3ヶ月間の実質コストを公表したものです。これによると、この3ヶ月間の実質コストは確かに下がっており、頭割りの理屈が正しいことを示しています。今後、新規設定口数に対して総口数が増えていくに連れて、楽天バンガードファンドの実質コストは下がって行くでしょう。
また、同じ理由でeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の実質コストが高くなるという予想も現実味を帯びてきました。こちらの運用報告書も要注目です。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の不安

少し前の話ですが、三菱UFJ国際投信から、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の設定が発表されました。
https://www.am.mufg.jp/text/release_181015_1.pdf

  • 世界分散投資の大本命
  • 小規模なマザーファンドの不安
    • 繰上償還の懸念
    • 実質コストは問題ないはず
  • まとめ
続きを読む

楽天バンガードファンドの実質コストは下がっていくはず。

楽天バンガードファンドのはじめての運用報告書が公表されました。それをもとに、すでに多くの方がいわゆる実質コストを計算されています。その結果、予想外に実質コストが高くて、やきもきしている方も多いのでは無いでしょうか?
しかし、安心してください。今後、実質コストは徐々に下がっていくはずです。

  • コストの原因は売買手数料
  • 古参は新参の売買手数料を負担させられている
  • まとめ
続きを読む

ジュニアNISAでeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)を買いました

私には6歳と2歳の子供がいます。これまでの節目節目にお祝いとしてもらった現金や、児童手当は、子供名義の銀行口座で定期預金にしていました。しかし、ご存知の通り、定期預金では受け取れる利息は雀の涙です。そこで、このお金が必要になる時期までかなり時間があるので、投資に回そうと考えました。

  • 課税口座とジュニアNISA
  • 投資対象
  • 結論
続きを読む

トルコリラは様子見

日本では盆休みも終わり、日常が戻ってきましたが、盆休み前からトルコリラが暴落しています。8/10には対ドル前日比で30%近くトルコリラは下げました。

続きを読む