rukbatの世界分散投資

30代後半のサラリーマンが国際分散投資で早期退職を目論むブログです。

新生銀行のキャンペーンにはずれた場合

昨日の続きで、新生銀行の令和最初のキャンペーンに最後まで当たらなかった場合の損失額を考えます。85%の確率で5万円がもらえても、残りの15%に入ってしまったら、10万円取られるというようなクジでは、参加する意味は低くなります。当たる確率、当たった時の利益、はずれた時の損失の三者のバランスが大事になります。

続きを読む

85%の確率で5万円もらえるキャンペーン

新生銀行で令和最初のキャンペーンというキャンペーンを実施中です。

<ネット限定・対象の投資信託>令和最初のキャンペーン!総額1億円!10回に1回の確率でお申込金額の10%をキャッシュプレゼント!| 新生銀行

このキャンペーンがなかなかの大盤振る舞いで、参加しなけりゃ損という状態です。
(このエントリーは、随時、細かな情報を追加していく予定です。)

続きを読む

株が下がるとGPIFの株式運用を批判をする人達

株が下がるとGPIFがいくら損したと声高に叫ぶ人たちがいます。現在も、平成30年度第3四半期でGPIFが14兆円の損失を出したと大騒ぎです。しかし、よく分散された長期の株式投資が、債券投資よりもリターンが大きいことは歴史的に見て明らかです。

続きを読む

平成31年からはつみたてNISA

平成31年が明けました。去年、私は一般NISAを選びましたが、今年からはつみたてNISAを選択しようと思います。

続きを読む