rukbatの世界分散投資

30代後半のサラリーマンが国際分散投資で早期退職を目論むブログです。

H30.1月末成績 損益+14.85% 年率+15.25%

H30年2月4日現在の評価額は以下のようになりました。

国際分散投資

アセットクラス銘柄評価額(円)比率
国内債券ニッセイ国内債券00.0
国内株式ひふみプラス1,945,81834.5
iシェアーズ TOPIX ETF995,049
先進国債たわらノーロード先進国債1,471,84017.3
BND0
先進国株式三菱UFJDC海外株式795,98935.8
たわらノーロード先進国株式432,525
eMAXIS Slim先進国株式21,816
VTI886,797
VEA913,453
新興国株式i-EXE新興国株式97,9195.2
eMAXIS Slim新興国株式6,026
VWO334,761
現金616,3417.2
合計8,518,333100

1$=110.105円で換算

仮想通貨

通貨評価額
XRP64,134
ZEC7,191

損益は+1,112,002円(+14.85%)、年率換算で+15.25%(平均投資期間0.98年)です。

先月は、仮想通貨が損失を下支えしていましたが、今月はその仮想通貨が暴落して先月の3分の1程度になってしまいました。仮想通貨への投資額は全体の1%強しかありませんが、今月の変動要因のほとんどを仮想通貨が占めています。仮想通貨の変動の激しさを実感しました。 また、この集計に、先週末のアメリカ株の暴落は含まれますが、今週の世界中の暴落は含まれていません。それを考慮すると、2月5日、6日のたった2日で40万円以上評価額が下がりました。昨晩のアメリカ株は上がったようですが、なかなかの乱高下です。 さらに、国内債券クラスの投資信託を売却しました。今後、IPOや優待クロスも取り入れていくため、現金で持つようにしようと思います。

広告を非表示にする