rukbatの世界分散投資

30代後半のサラリーマンが国際分散投資で早期退職を目論むブログです。

登記・供託オンライン申請システムのエラーと対処

先日、自宅の土地・建物について、登記名義人の住所変更をする必要があり、せっかく取得したマイナンバーカードを使おうと、登記・供託オンライン申請システムを利用してみました。そのときに遭遇したエラーと対処について書きます。

まず、登記・供託オンライン申請システムには、Webブラウザ上で利用する簡単証明書請求と、専用ソフトをインストールして利用する申請用総合ソフトの2種類があり、今回は後者の申請用総合ソフトを使用しました。
細かな使用法は操作手引書を参照してください。
なお、今回のエラーはWindows10 home editionで発生しました。

エラーの内容

マイナンバーカードを申請用総合ソフトで使う場合、「マイナンバーカード(個人番号カード)を電子署名で利用する方法」にあるように、「ICカードライブラリ切替」という作業が必要になります。このファイルの手順⑥で「適用」をクリックすると、次のようなエラーウインドウが出て、ライブラリを切り替えることができませんでした。

f:id:rukbat:20170516215244p:plain

対処法

※この操作は、Windowsが実行してはいけないと判断したプログラムを無理矢理実行させる操作です。
この操作によりいかなる損害が起こっても、私は責任を負いません。
すべて、ご自身の責任のもとに行ってください。

  1. 管理者権限のあるアカウントでログインする。
  2. 申請用総合ソフトを開く。
  3. コマンドプロンプトを開く。
  4. UACのエラーウインドウに表示されている「ICCardSetup.exe」というプログラムに、「C:\Users\~\default.dat.JPKI_Appli-01」と「C:\Program Files\~\default.dat」を引数として実行する。

エラーの原因等

このウインドウはWindowsのユーザーアカウント制御(UAC)という機能が出しているものです。UACは、普通は実行していいか尋ねてくるだけなのですが、やばいと判断したときは、このように有無を言わせず実行させてくれません。
では、実行しようとした操作の何がそんなにやばいのかと調べてみると、「ICCardSetup.exe」のデジタル署名の証明書が失効していました。ですから、このような怪しい方法を使わなくても良いように、法務省に有効な電子署名を付加したファイルを公開するよう要請してください。

広告を非表示にする